貧乳のせいで悲しい別れ

仕事の関係で知り合った人とお付き合いを初めて楽しく過ごしていました。
ずっと、貧乳がコンプレックスだったので、貧乳が嫌だと言われた訳じゃないけど、やっぱり少しでも大きい方がいいんじゃないかと思い、胸の筋肉を鍛えたらいいとか、そんな情報を聞いたら腕立て伏せをしたり、サプリメントを飲んでみたり、豆乳が良いと聞けば飲んだり、ササミがいいとか鶏肉がいいとか、キャベツがいいとか、とにかく色々やってみましたが、私の胸に変化はなく、別に貧乳であることを彼に何か言われる事もなく、日々は過ぎていきました。

付き合って半年くらいした頃、何だか彼の様子がおかしい!と女の勘というのか、なぜかそんな気がしました。
それでも、何も言わずに過ごしていました。
ある日、彼の部屋で過ごしていた時、彼の携帯が鳴りました。
いつもなら、私が居ても電話にでるのに、でないのです。
「どうして、でないの?」と聞くと、
「いや。別に。大丈夫だから。」と変な返事が帰ってきました。
電話は一度切れましたが、またかかってきました。
「どうして?でたら?」というと、「いや。大丈夫。」と、また変な返事をされ、腹が立った私は、携帯を彼から奪い画面を見ると、「◯◯ちゃん」と私の知っている女の子の名前が出ていました。
私は、アッ!この子と浮気してるんだな。と分かったのでバッグを持ち、帰ろうとすると、彼が「ごめん。本当に、ごめん。◯◯ちゃんと浮気した。違うんだ。◯◯(私)の事が好きだ。ただ、◯◯ちゃんが巨乳で。一度でいいから、巨乳の人と…。もう、二度と会わないから。許して欲しい!」と言われました。
◯◯ちゃんは、巨乳でいつも胸元が開いた服を着ている子でした。
何かもう、どうしようもなくて泣けてくるどころか笑ってしまいました。
彼とは、その場で別れました。
それから、Vネックの服は着れなくなり、私の貧乳コンプレックスは、ひどくなりました。
http://ベルタプエラリア.xyz/