贅沢な悩み?いえ、私にはコンプレックスでしかなかった

ブラジャーをつけ始めたのは、中学1年後半の頃でした。
つけ始めの頃は少し大人になった気がして嬉しかったんですが、ブラジャーを買いにいく度に念の為に試着とサイズの確認をしてました。
成長期ですらね。
身長も少しずつ伸びますし、母親も試着をさせていたのでしょう。
最初は小さかった胸も年を重ねる度に一つずつサイズアップをしていきました。

年頃ですから、それも嬉しかったです。
ほんの少ししかないふくらみも大きくなっていって、身長も高くなく、生理も中学1年後半で、少しまわりよりも遅かったと思っていたので、自分もみんなにおいついていった気がしていました。しかし、ブラジャーのサイズがアップしていくのが嬉しかったのも中学3年生まで。
測る度に大きくなっていく胸に大きくなっていく胸がコンプレックスにかわっていきました。
胸大きいねと言われることが多くなっていき、運動部に入っている私には邪魔にもなっていました。
Fカップのグラビアアイドルの胸は本当に大きく見えて、これ以上自分の胸が大きくなってほしくないと本当に思っていました。
高校3年生になり、サイズを測るとE~Fカップですね。
と言われ、だんだんと気にするあまり猫背にもなりました。
大きくて羨ましいと言われるのは本当に嫌でした。
グラビアアイドルとかわらないと言われても、グラビアアイドルはもっと大きく見えるし…なんて思いつつ同じサイズなんて!!
服も胸の目立たない物を選ぶようにもなりました20代半ばになった頃に、街を歩き、ガラスに映る自分の姿勢の悪さにショックをうけ、胸も自分の一部だと受けとっめられるように、少しずつ気にならないようになりました。
まわりからは贅沢な悩みだと言われることもありますが、大きいことがコンプレックスになってしまう人もいます。
セルノートを楽天で購入するならこちら