乳輪の色が悪くショックを受けて、現在も悩んでいます

私は、高校時代は女子高校に通っていました。
女子高校だったためか、デリケートな問題の話もしやすかったです。
そのためか、ある友人が相談をしてきました。
それは、自分の乳輪の色がおかしいということです。
友人曰く、血色が悪く、紫色っぽいということでした。

そこで、その場にいた友人とみんなで話になって、お互いの乳輪の色について話すことになりました。
ここで多かった意見が、ベージュという答えです。
しかし、この時の私は、ショックを受けてしまいました。
なぜなら、私の乳輪の色は、ベージュというよりは、茶色だったからです。
恥ずかしくて、ほかの人の意見に合わせて、ベージュと言ってしまいました。
私はほかの人とは違うのかもしれないと、ちょっと落ち込んでしまいました。
この時は、誰にも知られずについたウソだったため良かったのですが、そうもいかないことがありました。
それは、修学旅行の時にみんなでお風呂に入らなければならなくなった時です。
当然ながら、裸姿を見られることになります。
私は、自分の乳輪の色が恥ずかしくてたまらず、お風呂中はずっと隠して入りました。
誰かに見られたくなくて、たまらなかったです。
気になって、ほかの友人の色を見てしまいましたが、やっぱり自分の色はおかしかったです。
結局、あの時から年齢を重ねても色は変わらず、どうしたものかと今でも悩んでいます。
セルノート 副作用